日本
何かお困りですか?

背景

速度と信頼性に対する要求が高まるにつれて、ネットワークのケーブル構造はますます複雑になっています。特に、ラックスペースを最適化して設置時間を短縮することが重要な場合は、同じパッチパネル上または同じラック内で銅線ケーブルと光ファイバを組み合わせて適合させるのが巨大な挑戦になります。

チャレンジ

お客様のジェネレータールームには2列のラックキャビネットがあり、それぞれに1つのネットワークラックと3つのサーバーラックがあります。彼らは、事前終端銅線ケーブルと光ファイバケーブルの両方を備えた高密度1/10Gケーブル配線インフラストラクチャを構築したいと考えています。

ソリューション

両端6プラグのCat5e事前終端銅製トランクケーブルは、信頼性の高いパフォーマンスを得るために現場で迅速かつ簡単にケーブルを設置するために使用されます。同時に、両端のFHDマルチメディアモジュラーパネルにインストールされた両端プラグトランクケーブルにより、ケーブルの柔軟性が大幅に向上します。

MTP光ファイバケーブルについては、高密度MTPケーブルとモジュラー設計のFHDファイバエンクロージャーおよびカセットを使用して、限られた時間とコストで高い信頼性の接続を実現しています。タイプA MTPカセット、タイプA MTP-12トランクケーブル、およびタイプAF MTPカセットは、接続全体の正しい極性と整合性を保つために適用されます。

結論

FSは、MTPケーブルと事前終端のケーブルシステムを提供し、お客様が貴重な時間とラックスペースを節約できるようにします。事前終端ケーブルシステムは、大規模なインフラストラクチャおよびバックボーンアプリケーションでの完璧なケーブルソリューションであり、信頼性が高く使いやすい銅線トランキングシステムの展開において重要な役割を果たします。

関連リソース

FS Online Chat