背景

データセンターのネットワークアーキテクチャは常にビジネスニーズとともに変化します。従来の3層アーキテクチャでは、大規模なデータセンターのネットワーク要件をなかなか満たせません。中小企業、クラウドコンピューティング、クラウドデータセンターのニーズが常に変化している状況で、革新的なスパインリーフアーキテクチャは最適な選択として浮かんできました。FSの顧客、エッジクラウドサービス企業であるGIGテクノロジーは、高性能、完全な冗長性、および大容量ストレージの大規模なデータセンターを構築しようと考えています。

チャレンジ

1. 一般的に、大規模なデータセンターは高スループット、低遅延、大規模なキャッシュ、および高信頼性という特性を備えます。GIGテクノロジーは、各ラックにデュアル10G SFP+モジュール、IPMIポート、および管理ポートを備える8つのノードがあると要求しました。これは合わせて、約6PBのHDDストレージと1PBのSSDストレージがあり、そしてストレージの大部分はインターネット接続可能です。

2. 重要なのは、FSはどうやって合理的なコストでGIGテクノロジーのために高性能ネットワークアーキテクチャを構築できるかということです。

ソリューション

コスト効率、信頼性、容量、パフォーマンスなどの要因を考慮した後、FSはすべての1G LANアクセススイッチ、10G LANディストリビューションスイッチ、40G LANコアスイッチでスパインリーフネットワークアーキテクチャを革新しました。

私たちはスパインリーフアーキテクチャを使用してネットワークのボトルネックを防ぎ、レイテンシを改善し、および配置やメンテナンスのコストを削減しました。これでデータセンターはGIGテクノロジーの高スループット、低レイテンシ、大容量、および高い費用対効果という条件にぴったり合うようになりました。

このソリューションにおいて、FS 40G S8050-20Q4Cスパインスイッチは、インターフェース、高ポート密度、高速転送通信の豊富な選択肢を提供し、最適化された信頼性の高いバックボーン伝送構造を形成しています。10G S5850-48S6Qリーフスイッチは、アクセスレイヤーデバイスからのすべてのトラフィックを処理し、コアレイヤーへのアップリンクを提供できます。そして、1G S3900-48T4S ToRスイッチはエンドユーザーがインターネットに接続できるように使用されます。すべてのスイッチは、顧客のストレージ需要を満たす高密度サーバー接続を提供しています。同時に、ソリューション全体で優れるスケーラビリティを提供し、次世代のネットワークアップグレードの準備を行うことができます。

FS 10G S5850-48S6Qリーフスイッチは、1.44Tbpsのスイッチング容量、1071.43Mppsのスループット、612nsのレイテンシを誇り、大規模なデータセンターに大容量、高スループット、低レイテンシを提供します。また、MLAG、VXLAN、IPv4/IPv6、SFLOWなどの豊富で高度な機能をサポートしており、従来のまたは完全に仮想化された大規模データセンターに高いパフォーマンスと強力な安定性を提供します。

終わりに

大規模なデータセンターのスパインリーフアーキテクチャの更新において、FSはGIGテクノロジーを見事に支援しました。このケースは、ネットワークスイッチに高い条件をつける大規模なデータセンターアーキテクチャ向けです。FS S5850-48S6Qスイッチは、高性能、高信頼性、低遅延、および低価格を誇り、大規模なデータセンターに最適なオプションです。

関連リソース

FS Online Chat