日本
何かお困りですか?

背景

 いままで個人ユーザーや企業によって、蓄積してきた膨大なるネットワークのデータ通信量はまだ日々増えています。そのせいで、データの保存やアクセスに関わる制限も厳しくなっています。それを解決するために、長距離のデータ伝送とデータの大容量に対応するネットワークソリューションが必要とされています。将来の技術発展を見込み、現在の40GイーサネットにDWDMシステムを導入しようとしているお客様はいました。

挑戦

すでに10Gと40Gのスイッチがデータセンターのストレージとして配置されているのだが、イーサネットの伝送距離を伸ばすことが困難です。特に40Gイーサネットの場合、その最大伝送距離は40キロメートルであり、全ての40Gスイッチインターフェスをまとめるには専用のファィバーケーブルで各サイトを繋げる必要があり、データセンターのスペースをあらかじめ空けておきます。40キロメートル離れた2サイトはダークファぃバーによって繋がられ、リンク損失が発生していることも稀に発覚されます。

ソリューション

多大なるリンクバジェットに対応するために、上記に示されているソリューションを導入することにしました。新たなファィバケーブルを増設せずに80Gイーサネットのデータ伝送距離を60キロメートルまで引き上げました。そうしたことで、40G光信号が4本の10G光信号に分解し、OEO変換用の光変調器を通じてDWDM伝送方式に変わりました。また、分散補償モジュールと増幅器を増設すれば、光伝送の最大距離は60キロメートルを超え、80キロメートルまで伸びることも可能です。

DWDM 10G 80キロメートルのトランシーバを採用することを踏まえ、トランシーバの過熱による損害を防ぐために、減衰器でトランシーバのRx出力電力を-13dBm〜-20dBmの範囲内に抑えました。

ブースタ増幅器 (BA) をトランシーバ送信機の背後、通信線路の前方に配置し、光伝送のパワーを増大させます。前置増幅器(PA)をトランシーバ受信機の前方、通信線路の背後に配置し、弱い光信号を増幅します。

結論

FS bietet ein vorkonfektioniertes Il s'agit de 対費用効率の高い40GbEイーサネットソリューションは広帯域フローと低遅延を実現するのに必要とされてます。FS 40Gネットワークソリューションをご利用いただくことで、新たな設備やインフラ環境構築への投資を省け、10Gb DWDMシステムから40GbEへのアップデートを簡単で安く実現することができます。お客様にとって最も投資・開発リスクが低いソリューションです。

関連リソース