何かお困りですか?

チャットサポート

今すぐチャットしよう

電話サポート

+81 345888332

日本

国/地域

日本

言語/貨幣

日本语 / ¥ JPY

  • 日本語 / ¥ JPY
  • English / ¥ JPY
  • 日本語 / $ USD
  • English / $ USD
  • 全てのカテゴリ

  • サポート

  • サービス

  • 弊社について

  • コミュニティ

カート

カートの読み込み中

極性に関する問題をどう扱うのか

極性とは何でしょうか?

極性は、片側のTxが反対側のRxに接続する必要があり、逆も同様であることを意味します。いかなる設置においても、一方の端の送信機が他方の端の対応する受信機と一致することを保証することが重要です。FSは、ネットワークとその接続性を管理及び最適化するのに役立つインテリジェントなソリューションを多数提供しています。

ファイバの極性を理解する

PDFは特に極性を紹介し、極性描写によって極性を完全に理解するのに役立ちます。

もっと見る

Base-8/12/24構造化ケーブルの正しい極性を維持する

Base-8シリーズ

Base-8のインフラストラクチャでは、タイプBコンポーネントが正しい極性スキームを維持する必要があります。Base-8 MTP®/MPOはSR4対応で、つまり、バックボーン接続のファイバ数はSR4トランシーバと同じです。SR4は8ファイバインターフェイスですが、Base-12 MTP®/MPOコネクタはまだ互換性があります。

8芯 MTP®/MPOブレークアウトケーブルによる40G SR4~10G SR接続の直接接続

40G QSFP+ SR4

もっと見る

MTP®/MPO-LCブレークアウト、タイプB

もっと見る

10G SFP+ SR

もっと見る

12芯 MTP®/MPOトランクケーブルと40Gブレークアウトファイバパッチパネルによる10Gから40Gへの移行

40G QSFP+ PLR4

もっと見る

MTP®/MPOトランク、タイプB

もっと見る

40Gブレークアウトパネル

もっと見る

Base-12シリーズ

各12芯MTP®/MPOは6つの2芯シリアル光回線に変換するのに、多数の方法の1つを使用することで極性管理を達成する様にします。

方法A

TIA-568-C.0標準の方法Aは、「ストレートスルー」構成で配線された単一のモジュールタイプと光回路内に2つの異なるパッチコードを使用します。しかし、タイプAとタイプAFカセットでは、A-to-Aパッチケーブルは必要ありません。


方法B

方法Bはキーアップアダプタを使用してストレートスルーキーからキーアップケーブルをファイバカセットにリンクします。ファイバチャネルは、第2のカセットを裏返すことによって完成されます。このソリューションでは、タイプB1とタイプB2の両方のカセットが必要です。

Base-24シリーズ

Base-24 MTP®/MPOリンクは、一般に、SR10トランシーバで動作する100Gパラレルリンク用に配備されています。通常、これらのリンクはサーバーへのスイッチではなく、2つの高データレートスイッチの間にあります。Base-24は、10Gや40Gなどの低データ転送のバックボーンリンクにも使用できますが、通常、スペースとインストール時間が重要な要因である場合にのみ使用されます。

24芯 MTP®/MPOトランクケーブルによる100G CFP SR10接続の直接接続

100G CFP SR10

もっと見る

MTP®/MPOトランク、タイプA

もっと見る

100G CFP SR10

もっと見る

方法A 24芯 MTP®/MPOトランクケーブルによる40 Gbps接続のガイドライン

タイプA(1-13,2-14 ... 11-23,12-24)MTP®/MPOトランクケーブルは、Base-24ソリューションにとって非常に推奨されます。タイプAとタイプAFカセットでは、A-to-Aパッチケーブルは不要です。

アレイベースのシステムにおける極性維持

パラレル信号用にアレイを接続する場合、タイプAのバックボーンはパッチパネルの両端に接続されています。光リンクの一端では、タイプAのアレイパッチコードを使用し、パッチパネルポートをそれぞれのパラレルトランシーバポートに接続します。 光リンクのもう一方の端では、タイプBのアレイパッチコードを使用し、パネルポートをそれぞれのパラレルトランシーバポートに接続します。各光路には、タイプBアレイパッチコードが1つだけあります(図1を参照)。パラレル信号を接続する場合、タイプBのバックボーンは、両端のパッチパネルに接続されています。タイプBアレイパッチコードを使用し、パッチパネルポートをそれぞれのパラレルトランシーバポートに接続します(図2を参照)。

なぜFSを選びますか?

  • 接続性

    10G/40G/100G環境での各接続の状態について重要な洞察を提供しております。

  • 正確さ

    独自の極性設計の検討事項で、信頼できるシステム性能を保証しております。

  • サポート

    ソリューション全体のパフォーマンス保証とアプリケーション保証をサポートしております。

  • プロ意識

    MTP®コネクタ付き光ケーブルの使用を容易にするために、TIA-568-C.0規格に組み込まれています。

ログインして質問をご提出ください。

ご提示頂いた内容をお受け取り致しましたので、24時間以内に早速にご連絡します。

フィードバックを送信

FSをご訪問いただきありがとうございます。お困りのことがございましたら、FSサポートにアクセスするか、ライブチャット でお問い合わせください。

FSの総合的な体験に対する評価をお伺いさせて頂きます。*

1
2
3
4
5
不満 満足

フィードバックのトピックをお選びください。*

0/

弊社からの返信をご希望の場合は、お手数をお掛けしますが連絡先情報をご記入ください。