日本
何かお困りですか?

背景

高密度ケーブルレイアウトの速度と管理効率は、ネットワークのアップグレードに重要です。広告、映画、娯楽業界で働いている私たちの顧客の一人は、ネットワークベイ、パッチベイ、サーバーベイにまたがって、大容量で、極性が明確で将来が保証されたMTPケーブルシステムを展開したいと考えています。

挑戦

1. 40G-10Gおよび40G-40G高密度構造化ケーブルを最短時間でどのように配置するのですか

2.ケーブルシステム全体の極性を正しくし、管理を容易にする方法。

ソリューション

ケーブル設計全体で、MTP高密度ケーブルとFSモジュラー設計のFHDシステムを最大限に活用して、限られた時間とコストで迅速な展開を実現します。すべての40G-10Gおよび40G-40Gリンクは、柔軟な管理、簡単な識別、および迅速な障害特定のためにパッチベイを通過するため、すべてのリンクはタイプBの極性を使用します。

40Gネットワークベイ - パッチベイ - 10Gサーバーベイ(合計192の10Gリンク)

40G-10Gリンクでは、ネットワークベイとパッチベイをまたぐType A MTPトランクケーブルを使用し、40Gデータ用にネットワークベイ内のType B MTPトランクケーブルのリンクを延長し、リンク全体の極性は変わりません。パッチベイでは、これらの40GリンクはMTP-LCカセットを介して10Gリンクに分割され、LC-LCケーブルを介して10Gサーバベイにリンクされます。

40Gネットワークベイ - パッチベイ - 40Gサーバーベイ(合計40Gリンク×2)

40Gから40Gへの接続では、各40Gデータはネットワークベイを出た後、4本の異なるタイプB MTPトランクケーブルを通過します。これにより、リンク全体の極性は変更されず、パッチベイ全体にリンク距離が延びて40Gサーバーベイに到達します。

結論

構造化されたケーブルソリューションは、お客様のネットワークインフラストラクチャを構築および拡張しながら、貴重な時間を節約するのに役立ちます。FSは、スピードと設置の容易さを増して費用対効果の高いケーブルシステムを実装することができます。

関連リソース

FS Online Chat