背景

FSのクライアントは現在、Microsoft Storage Spaces Direct(S2D)コンバージドネットワークプロジェクトに関連するデータセンターコアネットワークを構成しています。600人の従業員が120の仮想マシン(VM)(主にドメインコントローラー、ファイルサーバー、ターミナルサーバー)を使用し、これらのHyper-Vホストの間でライブマイグレーショントラフィックが実行されます。

チャレンジ

4つのVMの記憶域スペースダイレクト(S2D)トラフィックは合計で約50TBです。各VMには、スイッチへの4つのリンクが必要です。そのため、スイッチはスループット、スイッチング容量、および遅延に注意を払う必要があります。

ソリューション

FS S5850-48S6Qスイッチは、1.44Tbpsのスイッチング容量、1071.43Mppsのスループット、および612nsのレイテンシを備えており、50Tbのビジネスニーズ全体を満たすことができます。

スイッチと10G NICを装備したサーバーとの間に16個の10Gリンク(サーバーごとに4つ)がセットアップされます。各ホストが2つの冗長スイッチに接続されると、MLAGが展開され、2つの独立したスイッチが単一の論理スイッチとして機能します。

スイッチと10G NICを装備したサーバーとの間に16個の10Gリンク(サーバーごとに4つ)がセットアップされます。各ホストが2つの冗長スイッチに接続されると、MLAGが展開され、2つの独立したスイッチが単一の論理スイッチとして機能します。

結論

この状況は、エンドクライアントネットワーキングではなく、データセンターのコアネットワーキングであり、ネットワークスイッチに高い要件が課されます。FS S5850-48S6Qスイッチは、必要な機能、および有利な価格の両方を誇り、クライアントの要求に応え、コストを予算内に抑える高可用性のオプションです。

関連リソース

FS Online Chat